ピアノ先生ブログ

発表会選曲で思い出したこと

2014-08-03

みなさま、こんにちは。静岡市清水区の未来ピアノ教室です。

発表会の選曲をしておりましたら、ふと昔のことを思い出しました。

発表会の選曲も済み、練習にも入っていた時のことでした。
ある時、生徒さんが「曲を変えて欲しい」「有名な曲を弾きたい」と言ってきました。
何でだろ〜???と思い、本人(というよりお母様)に確認してみると、
「一緒に発表会に参加するお友達が有名な曲を弾くから」だということでした。
「そっか〜」「そうだね〜」ということで、その思いを一旦持ち帰ることにし、考えてくる、ということになりました。
次のレッスンまで、あれにしようか、これにしようか、と何曲も楽譜を出しては弾いてみたのですが、なんともしっくりこないのです。
私はなぜこの曲を選んだのか、一生懸命思い出しました。そして、次のレッスン日に、その思いを生徒さんに伝えました。

『世界中にはピアノの曲が数えきれないくらいあって。もちろん有名な曲も素敵だけど、
 あまり知られていない曲でも、とても素敵な曲がいっぱいあるの!
 ピアノを弾く人は、聴いてくれる人達(お客さん)に、その素敵な曲を紹介する、という
 大事な役目があると思うの。
 是非、あなたには、この素敵な曲をみなさんに紹介してもらいたいんだけど、どうかしら?』

こう生徒さんに話すと、「うん!」と快く承諾してくれました。
それから生徒さんは、この曲を一生懸命練習してくれて、発表会当日はとても素敵な演奏をしてくれました♪
ちなみに、この生徒さんは6歳(年長)の男の子。曲はギロックのカーニバルの舞踏会でした。

私のピアノ教室では発表会を「発表会」ではなく「CONCERT」と称しております。

ピアノを習っている生徒が弾く。
子供だから。

でも、舞台に立ったら、何があっても、全て一人でやらなくてはなりません。自分に自信と責任を持って舞台に立ちます。だから、一人一人はピアニストなんです。小さくてもピアニストが開くコンサートにお客様は聴きにきて下さるのです。

ピアニストとして、聴いて下さる方達に、素敵な曲を素敵な演奏で届けられるよう、がんばりましょう!

発表会選曲

2014-08-01

みなさま、こんにちは。静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です。

先日、ご近所の方が体調を崩されたと聞いたのですが、なんと、熱中症だったそうです。それも室内で。
メディアの報道では聞きますが、身近になった方がいると、それもいつもお元気な方がなられると、本気で熱中症対策をしなくてはいけませんね!
祖母(94歳)も暑さで食欲が落ちていたので、家にいる日はクーラーをかけて涼しくしていたら、普段と同じくらいの量を食べるようになりました。
プールに入っていた学生さんでさえ、熱中症になったという報道もありましたから、本当に気をつけなくては!
皆様も、無理せず、この夏を乗り切りましょうね!!!

さてさて、当ピアノ教室は毎年12月に発表会を行っております。私の選曲ポイントは2つ。

1) 現在のレベルより1ランク簡単な曲・・・発表会への参加が初めてとか、舞台演奏に慣れていない生徒さんが対象になります。どんなに緊張しても、問題なく演奏することが出来ます。
2) 現在のレベルより1ランク難しい曲・・・文字通り、レベルアップを目標にしている生徒さんが対象になります。発表会終了後のレッスンの先取りをしていることもあります。

もう既に曲が決まって練習に入っている生徒さんもいるので(主に中高生)、いつもより少し早めではありますが、ここ数日、小学生の生徒さんの選曲をしています。
選曲する時は1)、2)のレベルも考慮しますが、基本は『本人に似合う曲』を重視しています。柔らかく優しい音楽を奏でるのが上手な生徒さんに、荒々しい曲を与えることは、まずありえません。2)として捉えたとすれば、それもありですが、提示しても大概気に入ってくれません。

選曲している時は、その曲を生徒さんが弾いている姿を想像します。「ピッタリ☆」と思うこともあれば、「何か違うかも・・・」と思うことも。昨日、選曲していた生徒さんには、あれもこれも弾いてもらいたい曲が出てきて、思いつく度にお母様にメールをしました。結局、9曲も出てきました! 
聴いて選んだ曲は「やっぱり!」と思う曲でした。でも、とても素敵な曲を選んできたと思います。素敵な感性を持っている生徒さんです。

その選曲中、CDで聴いて確認しようと思い、ケースを開くと「?!」。中身の違うCDが入っていました。
DSC_0643

きっと、前回貸し出した方が、聴くために自分のオーディオ機材からCDを取り出し、入れ替えてそのまま返却してしまったんでしょうね。誰だったかな〜、としばし考え、思い当たる方にメールをすると、「あります〜」と連絡がありました :-D (良かった)

今回も素敵な発表会になるよう、生徒さんが舞台で輝けるよう、精一杯お手伝いしたいと思います!

THE ICE 2014 初観戦 その2

2014-07-26

みなさま、こんばんは。静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です。

さて、昨日のつづきを。。。

会場の座席に紙袋が置いてあり、中をみるとチラシと一緒にこれが入っていました!

DSC_0636

スポンサーさんが”LOTTE”ですものね。開演前や休憩中に頂いている方もいました。

今回は初観戦ということで、あまり冒険をせず、様子見の気持ちで行きましたが、やはりリンクに近い、スケーターと同じ目線の席の方が、更に臨場感があるのではないか、と思いました。
( ※ でもチケット代が・・・ お高いですよ・・・ )

初アイスショーで感動をいただき、外に出ると、もわ〜もわ〜もわ〜もわ〜
( ※ 今日よりはマシだったと、思いました。。。)

暑いので(こればかりですね 😐 )ゆっくり移動し、名古屋駅に戻ると17時少し前でした。
今回は「ひつまぶし」を食べて帰ろうと思っていたので、事前に調べて『まるや本店 名駅店』さんに向かいました。夕食には少し早いかな?と思いましたが、とりあえず行ってみることに。
そしたら、何と! すでに20人程が待っていました!
私も列の最後尾に並び、待つこと1時間。丁度お腹も空いてきて、いい具合になり、美味しく頂いてきました!

DSC_0634

私が入店する頃にいらしたお客様は90分以上待つとのこと。それでも皆さん並んでいました。
私と同じ、THE ICE 2014を観戦した方も多くいらしたし、お相撲の名古屋場所もやっていますから、その後に来る方も多いのでしょうね。

来週29(火)は土用の丑ですね。家族用にも買いました。
あと、名古屋のお土産で絶対外せないのが、麩まんじゅう♡です。日持ちしないので、お取り寄せもなかなか出来ず、名古屋に行った際には必ず!買って帰ります。

ピアノのこと、レッスンのこと、遊びのこと。いつも「何か」をしようとする時、とても躊躇する私ですが、行ってみると『来て良かった!』といつも思うのです。今回も『良かった!』。

毎回「暑い!」と連呼していますが、週末まで猛暑日・真夏日・熱帯夜が続くとのことで、TVでも熱中症に注意するよう呼びかけています。
暑くないと思っていても、室内だから大丈夫と思っていても、熱中症になっていくこともあるそうです。体感より室温をチェックして、冷房等を入れるようにするとよいそうです。

どうぞ、お気をつけてお過ごし下さい。

THE ICE 2014 初観戦

2014-07-24

みなさま、こんばんは☆ 静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です。

梅雨が明けて、今日はとても蒸し暑い一日でしたね。
私は名古屋に行っていたのですが、噂通り、暑い所でした。。。

さてさて、今日、名古屋に向かったのは、フィギュアスケートの浅田真央さんを中心としたアイスショー『THE ICE 2014』を観戦しに行ってまいりました!!!
DSC_0638

 

 

 

 

 

 

ピアノと同じくらいフィギュアスケートが大好きな私ですが、これまで一度もアイスリンクに行ったことがありませんでした。
ソチオリンピック後に行われた世界選手権には行きたいと思ったのですが、時既に遅し。チケット完売でした。ですので、このアイスショーには絶対に行きたいと思い、頑張ってチケットを取ることが出来ました!

会場のモリコロパークは「愛・地球博」が開催された場所です。
友人の奈津子先生と行きましたね〜。懐かしい、というより、全然覚えていません。
その時も蒸し暑かった事だけは覚えています。。。

会場内は10℃前後だということで、防寒用にストールを持っていったのですが、スタンド席でしたのでそれほど寒くならず。むしろ、私のような暑がりには丁度良い具合でした☆

ショーのお目当ては勿論、真央さんですが、一番心惹かれたのは、パトリック・チャン選手でした!TVで観ていても素晴らしいスケーティングだということはわかるのですが、本物はもっと凄いです!世界選手権3連覇というのも、頷けます。
スケートだからスケーティングが上手でないと。あたりまえのようですが、これに尽きると思いました。実際、P.チャン選手、小塚崇彦選手、J.アボット選手はスケーティングに定評がありますが、3人は別格でした。

そして大本命の浅田真央さん。この方は、フィギュアスケート界、いや、世界の宝です。全てにおいて、別次元でした。それを目の前で観れたことに感動して、またうるうる。。。
観客に手を振る彼女が女神に見えました。

私が一番感じたのは、フィギュアスケートはスポーツであるけれど、核は芸術である、ということです。
音楽に合わせて滑るのですから、音楽を理解し、それに合った振り付けをし、体で表現するのです。
例えば、腕を上に上げるポーズ1つを取ってみても、肘から、肩から、背中から、腰から、膝から、つま先から。と、選手によって動かす位置が違います。TVの画面では見えない動きが、今回はっきり見れました。
そしてトップの選手は、多くの観客をあっという間に自分の世界に引き込んでいきます。

ああ、ピアノと同じで、フィギュアスケートのことも語り始めると終われませんので、とりあえず、今回はここまで。また続きます。

幸せと感動の一週間 ♬〜静岡市清水区の未来ピアノ教室

2014-07-21

みなさま、こんにちは。

今日もよいお天気で暑いですが、風が吹いている分、爽やかに感じます。
毎度、「暑い」を連呼している私ですが、先日頂いたメールにぐっと来る言葉がありました。

『夏が本気出しましたね』

はい!そうですね。
だから、こちらも本気で向かい合いましょう!(何に?!)

さて、先週の一週間は、私にとって、恵みある一週間でした。

生徒さんのレッスンはもちろん、自分のレッスンでも。
人と関わると「何か」を得る事が出来ます。
それは楽しい・嬉しい事ばかりではない時もありますが、それもまた、後に自分のためになってくるのです。
今回は、心が温まったり、感動したり、驚きがあったり、見直す事があったり。。。本当に、多様で盛り沢山な一週間でした。

昨日は、早々にお知らせ頂いたコンサートに行ってきました。

DSC_0633

高校で和声と理論の授業を受けた細谷先生と、ソリストの入川舜さん、お二人が出演していましたので、楽しみにしていました。
入川舜さんは大学の同窓会静岡支部でお世話になっている入川先生のご子息で、小さい頃から支部の活動にも参加されていましたので、とても素晴らしいピアニストになられていて、大感動でした!

ショパンのピアノコンツェルト第1番を演奏して下さいました。とても有名でピアノを弾く者なら憧れる1曲ですね。私も大好きで、門下の先輩に教えて頂いたツィメルマン演奏のCDを何度も聴いています。

世界中にはたくさんのピアニストがいて、誰一人として同じ演奏をすることはありません。
入川舜さんも、ご自身の演奏をなさっていました。
私が言うのも何ですが、アンサンブルの感覚が素晴らしく、『協奏』していました。
真摯に音楽と向き合っているのが演奏から伝わってきて、それを聴いていて「あ〜、音楽が出来るって、何て幸せなんだろう。。。」と。色んな思いがこみ上げてきて、うるうるしてしまいました。

最後に、プログラムノートにとても心に残る言葉が2つありましたので、ご紹介させて頂きます。

『人は崖っぷちに立ったとき、真に解決を求めようとすると、逆に大きな力を得ます。今まで気づかなかったことに気づき、正しい道を歩むことが出来るようになります。 ー中略ー 演奏する私達も真摯に向かう必要があります。演奏出来る喜びとともに、不偏の希望を皆様に表現できればいいと思っています。』

『後年の円熟期の作品にみられる内容の深さ、作曲技巧の変化や完璧性に乏しく、管弦楽法においてはあまりにも貧弱であるというのが一般定説ですが、20歳そこそこの青年の創作と考えれば、それがいかに素晴らしい才能に輝いているか驚くべきものだと言えます。』

Copyright© 2012-2019 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.