ピアノ先生ブログ

ラ・フォル・ジュルネ(3)

2014-05-04

2つめの公演はルーカス・ゲニューシャスさんのピアノリサイタル。ショパン作曲、op.10、op.25の練習曲全曲です。

DSC_0452

2010年のショパン国際コンクールで第2位になり注目されているピアニストです。御祖母様は有名なピアノ教師「ヴェーラ・ゴルノスターエヴァ」さん。チャイコフスキーコンクールで優勝した上原彩子さんをはじめ、多くのピアニストを指導されていました。こちらの公演も完売。みなさんよく知っていますね。

ショパンエチュードを全曲聴ける機会はそうそうありませんから、とても楽しみでした。1曲1曲素晴らしい作品なので、抜粋して演奏される事が多いのですが、やはり12曲で1つの作品になっているので、1曲聴くと次の曲が聴きたくなります。「○○集」とはそういうものなのですね。私もレッスンで抜粋して弾くと、必ず『次の曲どうぞ〜』と先生に言われます。(練習していないので弾きませんが^^;)
作品としてはop.25が好きですね。特に最後の3曲(10・11・12番)のつながりの素晴らしさを改めて感じました。

ルーカスさんの演奏は素晴らしい演奏技術は勿論ですが、曲に対して誠実で丁寧だと感じました。音色・響きもよく考えられていると思いましたが、ハーモニーの感覚がとても素敵でした。まだ24歳と若いこのピアニストが今後10年20年とどのように変化していくのか、とても楽しみです。これからも彼に注目していきたいと思います。
アンコールはプロコフィエフのソナタ7番・第3楽章でした。エネルギーいっぱいの彼にピッタリで、躍動感あふれる演奏で、これまた「ブラボー!」と拍手の嵐でした。

余談ですが、彼はとても素晴らしいピアニストなのですが、歩く姿が猫背で、お辞儀の仕方が番頭さんか営業マンみたいで。。。私達のつぼにはまりましたが、周りのお客様も「歩き方が〜」「姿勢が〜」と言っていました。これも彼の”特徴”なのでしょうか?(苦笑)

素晴らしい2つのコンサートを聴いて、エレベーターで下りると、なんと!!!ボリスが目の前に〜!!!  次のコンサートで会場に到着した彼と偶然会えたのです!
思わず挨拶をすると、気づいてくれてニコッと挨拶をしてくれました!
すると、彼に気づいた別の方は握手を! あ〜〜!!!、私も握手してもらえば良かった!!!
小さな後悔とともに自宅に戻りました。

とても充実した一日でした。 また来年も楽しみにしています。

ラ・フォル・ジュルネ(2)

2014-05-04

DSC_0451

国際フォーラムで一番大きい会場ホールA(5000席)のチケットが完売する人気のピアノスト/ボリス・ベレゾフスキーさんです。フィギュアスケートの浅田真央選手が昨シーズンのFPで使用した曲で、音源が彼の演奏ということですので、聴きにいらしたお客様の期待も大きかったと思います。

彼の魅力は超人的なテクニックでしょう。難しいと言われている曲を意図も簡単に弾いてしまうのです。ピアノが小さく見える程、熊さんのように大きな体と大きな手で鍵盤をさするように弾くのです。
顔を左右に傾けて響きを確かめる仕草も特徴的ですね。
技巧的な面が注目されていますが、私は彼の繊細で美しい音色、多彩な響きにいつも感動しています。ピアノのテクニックとして最も難しいとされるPPPの弾き方。決して浮かない消えないのに響くPPP。
それと反対のfff。会場全体を包み込む雄大なfff。何回も聴いていて知っているのに、聴かずにはいられないピアニストです。

コンツェルトということでオーケストラとの調和も気になりますが、何と言うか、ピアノは全て彼の音楽でした。コンツェルトなのにそこまでpppにするの〜?!とビックリしましたが、5000席のホールでも彼のpppは聴こえるのです。演奏が終わると5000人の聴衆から大拍手が!「ブラボ〜!!!」の声もあちこちからかかっていました。
アンコールは楽譜を持って登場。「あの緑色の楽譜はブタペスト判だから、リストかな?」と思ったら、やっぱり。リストの「愛の夢」でした。あっさりと軽々弾いてしまいました。

終了するとお茶する間もなく次のコンサートに向かいました。

ラ・フォル・ジュルネ(1)

2014-05-04

みなさま、こんにちは。
G.W.後半もよいお天気でスタートしましたね。

さて、昨日5/3(土)は東京有楽町にあります国際フォーラムで行われている『ラ・フォル・ジュルネ』に行ってまいりました!

DSC_0449

1公演¥1.500で、3歳から入場可能なコンサートもあり、無料のコンサートもたくさんあります。また、周辺の会場でも多数のコンサートが聴けますので、クラシックは敷居が高いと思われている方も、気軽に楽しむ事が出来ます。
だからでしょうか。年々チケットが争奪戦になってきていると思います。一緒に行く友人にお願いして、16時からと18時15分の2公演を取ってもらいました。
夕方からなので、始まるまでランチして銀座周辺でお買い物〜♫ なんて考えていたのですが、午前中に自分のレッスンを入れたため、銀座に到着したのが12:50でした。お店をのんびり見る時間もなく有楽町へ。到着時にはすっかりお疲れモードに。。。でも、友人が予約してくれたお店でランチを頂き、チャージ完了!

6

食事が終わったのが、開演30分前。なんとも無駄のないスケジュールです。

1つめの公演は、大大大大大好きなボリス・ベレゾフスキーさんのコンサート。ラフマニノフのピアノコンツェルト第2番です!

お教室の看板をつけました!

2014-04-27

みなさま、こんにちは。

G.W.が始まりましたね。
私はカレンダー通りのスケジュールなのですが、5/3は毎年このG.W.に東京国際フォーラムで開催されている『ラ・フォル・ジュルネ』に行きます。
世界中の素晴らしい演奏家達のコンサートを気軽に楽しめるという事で、音楽関係者は勿論のこと、普段クラシックに関わらない方達も大勢聴きにいらしています。
コンサートは1公演45分程度でチケット代も¥1500くらいからあります。また、3歳以下のお子様も入場出来るコンサートもあり、本当に素晴らしい音楽祭です。
こちらのことは、また5/3以降に綴りたいと思います。

さて、今日はお教室の看板を設置しました!

IMG_20140427_171156

素敵な看板を作って頂いたのですが、それを設置する場所が見つからず。。。
ず〜っと玄関の中に飾っておいたら、生徒さんのお母様から「先生、これ外につけないと」。。。そうですよね。
どこへ、どう取り付けようか数日間考え、今日はお天気も良いので、ホームセンターへ行って看板を取り付ける格子を購入してきました。
看板はアイアンと陶器で出来ているので、どうかなぁ〜と心配しましたが、以外(?)としっかりしていました。

私の大好きな色「グリーン」をバックに素敵に仕上がりました。
まだまだ庭の手入れが出来ていませんが、こちらも少しずつ綺麗にしていきたいと思います。

大人のレッスン

2014-04-24

みなさま、こんにちは。
今日は午後から雲行きが怪しくなり、、、私の苦手な雷が鳴っていました。
いい大人ですが、未だに音も光も苦手です。
ビクビクしながらレッスンしておりました。。。

さて、私がピアノのレッスンをし始めた時から、ず〜っとお世話になっているのが「音楽舎」です。
ここでレッスンをされている大人の生徒さんによる発表会が、来月行われます。
先日、発表会会場のホールにてリハーサルを行ってきました♪

DSC_0437

大人のレッスン生の初めての発表会は参加者全員が「初めて」ということで、異常な緊張感に包まれた中での開催でしたが(苦笑)、今では参加者の殆どの方が10年以上レッスンを受けている方達なので、とてもリラックスした雰囲気の中で行われています。レッスンではお互いお話する時間がありませんが、発表会の空き時間にお話をされたりして、いつの間にか仲良しになられていました。

当日もリハーサルはあるのですが、緊張している中、短い時間ですのでなかなか思うように弾けなかったりして、その気持ちを引きずったまま本番を迎えて...ということがあり、一生懸命練習してきて素敵な演奏が出来ているのに、それが半減してしまうのはもったいなく思い、私のクラスでは何回か前の発表会から、事前のリハーサルをするようになりました。
まず、このリハーサルに生徒さん自身がとても大事に、そして前向きに捉えて下さっているのが、とても有り難く嬉しいです。

今回のリハーサルでは、前回よりも本当に上手になられたなぁ〜と、感心してしまいました。誰かに聴かれているという少しの緊張感を活かし、集中した演奏が聴けました。
また、お互いの演奏を聴き、良いところを見つけていらして、気持ちに余裕があるのだな、と思いました。演奏している時は弾く事=指を動かす事だけに必至になってしまいますが、聴く側になると出てきた音=音楽を聴いているので、とても良い勉強になります。

一人25分+15分の計40分のリハーサルでしたが、まだまだ弾き足りない様子で何分でも弾いていられそうな感じでした。

本番までレッスンはあと1〜2回ですが、最後まで素敵な演奏に、満足の演奏になるよう、お手伝いが出来る事を楽しみにしております。
大人の方でピアノのレッスンを受けてみたい方がいらっしゃいましたら、是非この発表会にお越し下さい。ご自分の1年先の姿を見る事が出来ますよ♪

Copyright© 2012-2019 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.