子供なりに考え、感じている

2018-04-28

みなさま、こんばんは🌙
静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です🎹

 

私がピアノのレッスンで導入から基本まで使っている教材

『バスティン』

 

アメリカ・サンディエゴのバスティン先生が
お作りになった楽譜なので
使われている曲もアメリカンなものが多く収録されています📖

 

《ブギ》

《ロック》

簡単にどんな曲調なのか説明をしますが…😅

極めつけは

 

《ブルース 》笑

ブルースって…
ぼやきとか…愚痴とか…

 

先日レッスンしていたのは小学4年生👧🏻

ブルースな感じはさすがにない、と思ったら

『あるよ‼️』
😳😳😳😳😳

 

話を聞いてみると

【授業で手を挙げるのをためらってしまう】

小学生あるある的なブルース話でしたが
子供ながらに一生懸命悩んでいるんですね😥

 

そしてもう1人(小学5年生👦🏻)


この曲の最後にある休符のところで
手を降ろさないよう指導したところ

『止まる(待つ)って書いて‼️』

と自ら動作を言葉化してくれました👏🏻

 

本人はその通りに演奏してくれて
見事合格をゲット💮

 

レッスンで説明する時は生徒さんが知っているであろう
言葉で話すように心がけていますが

生徒さんも私(大人)が話す言葉を
自分にわかるように
考えたり感じているんですね😊

 

ホント
生徒さん達、偉いです‼️

 

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.