答えは無限に🌎

2017-07-08

みなさま、こんばんは🌙
静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です🎹

暑さに 湿度に 豪雨
日替わりの空模様に愚痴が出ますが
九州での大災害で被害にあわれた方達の事を思うと
私達が住む、この清水区は幸せですね。
どうぞ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

さて、
先月のレッスンで曲を素敵に仕上げるため
ある宿題を出したところ
生徒さんが答えをレッスンノートに書いてきました✨👏🏻✨

 

宿題は
『P(ピアノ・弱く)をイメージさせる言葉』

 

強弱記号のP(ピアノ)
音の大きさを表す記号ですが
小さな音で弾いたら、どんなイメージが湧くのか

 

これ、とっても大事なんです👌🏻

 

作曲家が楽譜に書き記しているのは
本当に最小限のことだけ
それらから作曲家のメッセージを読み取り
音にして出すのがピアニストです🎹

 

強弱記号としての『P(ピアノ)』という言葉を覚えたら
『P(ピアノ・弱く)』で弾いてみる
どんな印象を持ったか、心で感じ、言葉にしてみる
そして、もう一度その言葉に合う音色で響かせる

 

ちょっと難しそうに思えるかもしれませんが
感情を言葉にする、ということは
普段の生活の中でもとても大事な事ですよね

レッスンで弾くテキストの曲など
普段からこういう事をしておくと
どんな曲も考えて弾けるようになります👌🏻

 

課題を解いてきた生徒さん👧🏻
それはもう❤
素敵な演奏にしてくれました✨✨✨

 

私も、もう一度自分の楽譜を見直して
作曲家のメッセージを読み解きたいと思います📖

 

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.