歳の数だけ

2016-10-13

みなさま、こんにちは
静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です

あっという間に10月。
気温もぐっと下がり、朝晩は肌寒いですね〜

ピアノのレッスンは週一回が基本。
1週間という期間の練習で、弾けないことがあります。
うまく弾けない、止まってしまう演奏を、レッスンで聴かせるのは
誰でも気がのらないもの

でも✨✨
私、練習が大好きなんです〜❤️❤️❤️
出来ないところが、どうやったら弾けるようになるか。
どの方法を使えば出来るようになるか

特殊な場合もありますが、だいたいは大事ではなく基本的なこと。
『練習不足』 なんですね〜

「出来るまで、わかるまで、やりなさい」
・・・・・

当然のお言葉ではございます。
重々理解しております。

ですが、
やる気が失せま〜す(苦笑)

でも‼️ピアノに限らず、何事も回数をこなさなくては身につきません‼️
だから、誰でも出来る方法、それが、

『歳の数だけ弾く』

間違えるのは数小節、数拍、数音なんです。
それだけ、歳の数分弾きます。
出来ても出来なくても、決まった数だけ弾きます。

小さい子供なら弾く箇所も弾く回数も少なく、あっという間に練習が終わってしまいます。
練習回数分、弾き終えると弾けるようになっているんですね〜
小学生高学年なら練習している間に弾けてしまっていることも

弾きたいのに、弾けないことは、誰でも悔しいこと。
そういう時こそ、感情的にならず、冷静に考えて淡々とこなせばいいのです。
数回の練習で弾けるようになると、さっきまで嫌〜な顔をしていた生徒さんは笑顔に
何事も、難しいことも大変なこともありません。

※でも、、、
小学5年生以上になると、、、数が多い
そんな時は、相談して10回以内になるようにしています
私は、、、何回弾けばいいの〜

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.