レッスンをしていて感じた事

2015-06-10

みなさま、こんばんは🌟
静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です🎶

昨日、梅雨入り宣言☔️が発表されたのに、今日の暑さ🌞
安定しない天気が続きますから、体調に気をつけて過ごしたいですね。

レッスンをしていると、教えている事で自分を振り返る事が多々あります。
『私達、指導者が当たり前だと思っている事が、一番気をつけたい事』
というような内容を以前に綴らせていただきましたが、逆に、
『私達が当たり前と思ってやっている事をやらないと、弾けるようにはならない』
こともたくさんあります。

♭6つの音階を練習している生徒さん。
内容・ポイントはわかっているけど、何度弾いてもつっかえていました。
「また来週」といって本人に任せる事もありますが、今回は綺麗に弾けるまで付き合うことにしました。
まちがえれば「もう一度」と声をかけ、注意すべき点を本人に確認させ、また弾く、といういたってシンプルな練習方法です。
でも、この「いつ弾けるようになるかわからない」状態が、生徒さんにとって、とても辛いのです。
今日は10回弾いた時点で、まだミスがありました。
本人は悔しいのか辛いのか、少し涙目になっていました😰

10回という回数だけを考えたら、多いのか少ないのかわからないけど、現実、まだ出来ない。
だから、回数や時間ではなく、1回出来るまで弾き続けましょう。

そう言って、また練習に付き合いました。
少しずつ改善が見られたので、「さっきよりも⚪️⚪️が良くなってきたね❗️」
と伝えると、本人も自覚しているからか、嬉しそうな表情をし、気持ちが切り替わっていきました。
「あと、⚪️⚪️だけ注意して❗️」と言うと、すぐに直し、ミスなく綺麗に弾くことが出来ました😄
ここまでやると、出来なくて諦めていた姿は微塵も見せず、得意顔で弾いてくれます😁

私も練習していて出来ないと悔しい・情けない・辛いのです😥
みんなと同じ、苦しい山を経験してきたから、気持ちがよくわかります‼️
でも‼️そこを乗り越えないと、いつも「諦める」という考え方の癖がついてしまいます😣
これが危険なんですね💥

目の前にある失敗に目を向けるのではなく、
自分の目標・課題をクリアするために、注意して行動する。

とても難しい事だと思いますが、真剣に伝えれば、子供でも意味がわかり、受け止入れてくれます。
体験・体感した生徒さんは、心身共に、大きく成長しています💗

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.