ラインとハンドサイン/講習会

2015-06-01

みなさま、こんにちは🎶
静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です&🎶

夏日のお天気が続いておりますが、みなさま体調はいかがでしょうか?
今日から6月。
新しい月には新しい目標を持って、行動したいです。。。
というわけで、更新していなかったブログをまとめてアップしたいと思います😀

まずは、先月ご紹介頂いた教本「ラインとハンドサイン」の講座を聞きに巣鴨に行ってきました❗️
どの講座に行っても、素晴らしい先生方のお話しを聞けて、とても勉強になるのですが、今回の二本柳奈津子先生の講座は、私が何年も悩み考えていた事に、答えを頂けた内容でした‼️
※ 個人的には、二本柳先生のキャラが自分と重なるところもあり、初対面とは思えない程、親しみを感じました

私は、生徒さんたちと同じ様に、お稽古の一つとしてピアノを習い始めました。
決して、ピアノの先生になろう❗️とか、音大に行こう❗️と思って始めたわけではありません。
では、何故、今、ピアノを教えるのか、というと、

『読譜に苦労がなかったから』

これが、一番大きな理由だと私は思っています。
※ だからといってピアノの練習を何時間もしていたわけではないので、、、
  やはり、そのあたりの実力に差があるのが現実ですが。。。

現実、私の生徒さんたちも、読譜が出来ると楽しそうに弾いています。
紙に書かれている記号が分かれば、ピアノが弾けて、曲が聴こえます。

『わかる=できる=たのしい』

まさに、私がレッスンで心がけている事です。

そして、私達ピアノ指導者側にも必要なことなのです。
私達はいろいろな指導方法を勉強し、それを生徒さんに提供(教える)したい!と思っていますが、
「譜読みが出来ていない=弾けない」状態では、その先のテクニックや奏法などを教える事が出来ないのです。
楽譜が読めるということは、指導者・生徒、両方にとって大事な事なのです。

「譜読みをすること」
「テクニックや奏法を習得する事」
「曲の構成や内容を考える事」

どれも大事ですが、レッスンの導入である小さな子供たちに、楽しく学んでもらえるよう、更に更に私が勉強しなくては!と気持ちが改められました❗️

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.