ピアノの練習もコーディネートが大事!

2015-02-05

みなさま、こんにちは!
静岡市清水区の「未来ピアノ教室」です♬

先日の節分、皆様はいかか過ごされましたか?
私は、恵方巻きを食べ、豆まきをする、という節分の王道をしました!
美味しそうな恵方巻きを買ってきたのに、写真に撮る前にお腹の中に・・・ 😆

さて、今回は『ピアノの練習』について綴りたいと思います。

みなさまは、ピアノの練習をする時、どのようなやり方をしていますか?

私は、『ピアノの練習は、洋服のコーディネートと同じ』と思っています。
トップスとボトムス、そしてバッグや靴など。
色、素材、デザイン、etc… 組み合わせますよね。

この組み合わせがよろしくないと、

『出来なかった・・・』

ということになってしまいますね。。。 😥

自分では考えて練習したつもりなんだけど、
一生懸命頑張って練習したんだけど、

どうも、上手に弾けない。

そんな状態がレッスンでみられたとき、私は練習の内容を確認して足りなかった点を伝える事もありますが、その場で一緒に練習をすることがあります。

この場合、練習のコーディネートは私任せになります。
こちらの指示通りに弾いてもらうのですが、大概、「何か」でつまずきます(苦笑)
それが見つかれば、後はきちんとなおるまで、練習するだけです。

生徒さんの実力・曲のレベルにもよりますが、必ずその場で弾けるようになります。
先日も、「出来ない」「難しい」を連呼(苦笑)していた大人の生徒さんがいらしたので、練習コーディネートをして、数小節弾けるよう練習をすると、
これまで見た事もない程の笑顔を見せて、『すご〜い!』を連呼していました。
たった数小節、お手伝いしただけで、翌週はその数倍、弾けるようになっていました。

練習のコーディネートと練習量。
このバランスが合っていれば、次のレッスンまでに、余裕を持って弾けるようになっています。
(※ その分くらいしか、宿題は出していませんよぉ〜! 生徒さ〜ん!)

ただ、何事もそうですが、1回くらいでは、身につきません。
何度も同じ注意をされますが、いかに早く、注意される事から抜け出し、自分から行動出来るようにするか、ですね。
私も何度も、「あの練習」「この練習」をやるように言われ、
その度に「あっ! そうだった!」と思い出し、やってきたか・・・。

今日も、素敵なコーディネートで練習してくださいね♡

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.