勉強会の始まり

2014-06-24

今日は夕方から大雨が降り、雷も鳴っていましたが、みなさまのところはいかがでしたでしょうか?
雷恐怖症の私ですが、今日は移動中で車に載っていましたので、怖さも半減出来ました。
近年はゲリラ豪雨などもありますから、これからの季節、外出する時は特に気をつけたいですね。

さて、昨日は7/6に勉強会を行うことを書きました。「ひらめき」で始めた勉強会も、今回で12回目になります。
勉強会では、『基礎力の向上』と『演奏者・聴衆者としてのマナーを身につける』、この2点を軸にして行っています。

第1回目の出来映えは今でも覚えています。自分が指導しておきながら何ですが、想像以上に良くなかったのです。今でしたらその状況も、どうしてそうなったのかわかるのですが、終わった直後は「やっぱり勉強会は辞めた方がいいのかな?」とも思いました。ですが、とにかく続けてみようと。出来映えが良くなかったのは、私の指導不足だと。それから毎回、内容も少しずつ調整して進めていくと、見えてきたことがたくさんありました。そして、それらをレッスンで改善し、また勉強会で確認する、という作業をし続けています。
「基礎」というのは表に出ない地味な作業になるのですが、これが演奏する時、一番の支えになります。ストレッチもそうですが、一つずつ少しずつ進めていくことが、いずれ自分の実力となってきます。大切にして欲しいから、あえてそこにスポットを当てています。

それから弾くだけではなく、人の演奏を聴くこともとても良い勉強になります。小さい生徒さんは、椅子にじっとして座っているだけでも大変なことなのですが、一生懸命聴いてくれています。今はわからなくても、人の演奏を聴いているだけで学習しているのです。また、年上の生徒さんが弾く曲に憧れや目標を持ち、練習を頑張るモチベーションになります。
逆に、上級生からは下級生に対して、的確なアドバイスをすることが出来るようになっています。勉強会では、演奏に対して◎・△の印で評価したり、コメントを書いてもらっています。人の演奏を評価するということは、本当によくわかっていないと出来ないことなので、コメントを読むだけで、その曲に対して、演奏に対して理解出来ていることがわかります。具体的な練習方法を書いてくれる生徒さんもいます。コメントは下級生の方が厳しく、上級生の方が気を使って書いていることもあります(苦笑)。同席して下さるご両親様にも、評価・コメントをお願いしています。毎日の練習、毎週のレッスンを聴いている方達なので、ピアノが弾いてなくても、的確な評価をしてくださいます。本当によく聴いて下さっています。かなり良い耳をお持ちになっています。

勉強会まで、あと10日ほどですね。
自分のために、頑張りましょう!

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.