練習の仕方

2014-06-06

みなさま、こんにちは。

北海道での記録的な暑さから一転、梅雨入りしたら、また気温も下がって昨日は涼しい〜肌寒い一日でしたね。こういう時に体調を崩す方が多いそうです。みなさまも体調に気をつけてお過ごし下さい。
暑がりの私としては、昨日のような気温は大歓迎です。そして最近、傘を新しくしたので、いつもは嫌な雨の日も少しだけ楽しんでいます♡

先週末、運動会だった小学校も多く、今週は「どのチームが勝ったか!」話で盛り上がっています。最近は3組4組に分かれている学校もあるんですね。赤組・白組しかなかった私の小学生時代と、またこんなことでも違いを感じています。
土曜日に行われた運動会の振替で月曜日が休日になったようで、お出掛けなさったご家族も多いようです。
すると、必ず、『練習出来なかった』もしくは『練習していない』と言う生徒さんがいます。それも困っている風に(笑)。

私が大学生の時、金曜日がレッスンだったのですが、レッスンが終わると先生が『遠山さん、今日はどこに遊びに行くの?』と聞いてきました。きちんと弾けない時もありましたから、「遊びに行く」なんて、とてもとても言えません!(※ 決して真面目ではありません。小心者なだけです)
「いえ、帰って練習します!」と私が言うと、「だめだめ! レッスンが終わった日は思いっきり遊ぶの。で、次の日からまた練習するんだよ」と仰いました。
また、体調を崩してレッスンをお休みすることになった時も、休むことに罪悪感を感じ、「練習しておきます!」と言ったら、「体調が悪いときに練習しても効果は上がらないよ。むしろ体調も悪化して、また練習は出来ない&レッスン休むことになっちゃうから、練習なんかしないで、早く体調を戻して。良くなったら休んだ分を取り戻すように練習しなさい」と仰ってくださいました。

いつも同じ状態をキープしなくてはいけない、と思っていた私にとって、この先生の言葉は私を救ってくれました。それからは練習する時は、「いつ」「何を/どこを」「どの目標まで」やるのか考えて練習するようになりました。お陰で集中して練習することが出来るようになり、短時間で効果的に仕上がるようになりました。

だから、生徒さんが練習が出来なかった時、同じことをお話しています。
カレンダーに平日と休日があるように、練習にも勉強にも、そして遊びにも平日と休日があるのだと思います。
自分のスケジュールは自分だけを成長させるものですから、やる日(平日)とやれない日(休日)を作ってあげればいいと思います。

遊んで練習出来なかった分は、翌日・翌週で取り返せばいいのです。
また次回のレッスンを楽しみにしています!

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.