* 追記 * 楽器について

2014-05-18

みなさま、こんにちは。

先日、楽器について書かせていただきましたが、あれだと「アップライトピアノかグランドピアノ以外はNG!」のような印象を持たれてしまうかな?と思い、電子ピアノについて追記で書かせていただきます。
電子ピアノの利点をいくつかあげてみましょう。

• 省スペースに置ける
• 音量が調節出来る(何時でも弾くことが出来る)
• 色んな音色がでる
• メトロノーム機能がついている
• 自分の演奏を録音することができる
• 調律をしなくてもよい

私が思いつくだけでもこれだけあります。多種多彩な機能がついた楽器になったのも、主にメーカーの努力だと思います。本当に日本の「ものづくり」の力は世界に誇れる素晴らしいものです。

私が感じる一番の利点はメトロノームと録音機能ですね。初めはメトロノームに合わせる事が難しいのですが、使い続けると本当にミスなく上手に弾けるようになります。
録音機能も同様で、自分の演奏を客観的に聴くので、弾いている時には気がつかない「ゆがみ」のようなものを見つける事が出来ます。この2つが楽器に内蔵されているので、とても便利で練習には最適だと思います。アップライト、グランドピアノで練習されている生徒さんにも、この2つを練習に取り入れるよう、常にお話ししています。

電子ピアノの利点を「音量が調節出来るからいつでも弾ける」と思う方が多いかと思いますが、私は逆に「今じゃなくても良い」「後でも良い」になってしまいがちになると思います。音量を調節したりヘッドフォンをつけて練習するのは、本当に夜遅い時間帯ですので、この時にしか練習出来ない方=日中お仕事なさっている社会人の方達だと思います。私も電子ピアノを持っていますが、新曲を数日後に弾かなくてはならない、といった緊急の時は夜中に電子ピアノで練習しますが、普段は殆ど使いません。
私の生徒さんも電子ピアノで練習されている方がいらっしゃいますが、殆どが大人の方達です。もしかしたら、子供より大人のための楽器かもしれませんね。

電子ピアノを購入される場合は、この上記の2つの機能(メトロノーム・録音)と鍵盤は88鍵、ペダルがついているか(つけられるか)、も必ず確認してください。習い始めは中央付近の鍵盤しか使いませんが、だんだん色んな曲が弾けるようになると、弾く鍵盤の範囲も広がっていきます。初心者であってもペダルを使う曲もありますし、ペダルを使えるようになると弾ける曲の幅も広がります。私はペダルを使う事をお勧めしています。

実は、以前教えていた方で、レッスンを始める時にキーボードを購入された方がいらっしゃいました。レッスンが進むといろいろな曲が弾けるようになり、ご本人もレッスンを始めた当初の思いより、レベルアップした曲が弾きたいと仰られました。私もその思いに答えるべく、選曲したのですが、その方がお持ちのキーボードでは鍵盤が足りない、ペダルを使いたいけどペダルがつけられない、という事になってしまい、、、。それでもどうしてもペダルをお使いになりたくて「レッスンの時に覚えますから」と仰ってくださいましたが、1回のレッスンで覚えてもご自宅の練習で復習することが出来ず、毎回覚え直しということになってしまったことがありました。

以前のブログでも書かせていただきましたが、大人も子供も、ご自身がお持ちになっている能力は思っている以上に高いと思います。高くなります。初めはどなたも0(ゼロ)なんです。でも動き始めたらそこからいくつでも上がっていけます。

アップライト・グランドピアノにも電子ピアノにもそれぞれ利点・欠点があると思います。ご自分の生活に合わせてピアノの先生と相談されてから用意・購入されると良いかと思います。

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.