スプリングコンサート

2014-05-12

みなさま、こんばんは。
昨日5/11(日)は音楽舎でレッスンを受けている大人の方達の発表会でした。

DSC_0487

ピアノの他にクラリネットのレッスンを受けられている生徒さんも参加されました。

私のクラスからは5名の方が参加され、月光・第一楽章(ベートーヴェン)、愛の夢(リスト)、メモリー(キャッツより)、めぐり逢い(アンドレギャニオン)、舟歌(チャイコフスキー)、かけがえのないもの(西村由紀江)を演奏して下さいました。
※ 一部カットやアレンジしているものもあります。
先月行ったリハーサルの効果なのか、午前中のリハーサルも本当に落ちついていて、今本番でも良い!と思えるくらい、安定した演奏でした。本番はとても高い集中力で慌てる事なく落ちついて対処した演奏をされていました。

私が大人の方のレッスンをするようになって、もう18年くらい経ちます。レッスンを始められるきっかけは人それぞれですが、どなたも「ピアノが弾きたい!」という気持ちがあります。目標もそれぞれ異なりますが、レッスンを継続していると、当初の目標はクリアしてしまうので、より上を目指して行く方が殆どです。というか、自然にそうなるのです。皆さん「私は…」と謙遜なさいますが、ご自分の能力・可能性を過小評価していると思います。中には、かなり高度なテクニックをお伝えすることが出来る方もいらっしゃいます。そういう方を今回のような機会(発表会)に参加して実際に見たり聴いたりすると、必ず「○○さんみたいに弾けるようになりたい!」とおっしゃる方がおります。ピアノ(楽器)はレッスンを受けているだけより、人前で演奏すると何倍も上達すると思います。それに向けて練習をされますから、意識も変わります。人前でピアノを弾く事は緊張もありますが、勇気を出して参加された方は、必ず次も参加されています。練習・レッスンは一人で行いますが、発表会では参加者は「同じ仲間」という意識があるので、あっという間に仲良くなられて、次の発表会でお互い参加する事を目標や楽しみにしていらっしゃるようです。

最後は私達講師も一曲ずつ弾かせていただき、大盛況に終了しました。
次回は来年2015年・秋の開催予定ですが、年内にプチ発表会も計画されていますので、生徒さんも私達講師も楽しみが増えました。

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.