楽しい! 〜♫〜 ファミリーコンサート 〜♫〜

2014-05-10

みなさま、こんばんは。

今日は友人の福地奈津子さんが企画してくださった「ファミリーコンサート」にゲストとして出演させていただきました。
もう一人のゲスト・武田怜奈さんも福地さんも数多くアンサンブルをやられているので、合わせは数カ所チェックするだけでOK!。ご一緒させていただいて本当に楽しかったです!

前半はクラシックの名曲を演奏しました。
「愛の夢」は昨年12月の発表会、3月の門下生演奏会と弾く機会をいただき、半年程弾き続けてきましたが、ようやくテクニックと内面がマッチしてきたように思います。
「小犬のワルツ」はこれまで何回も弾かせていただいておりますが、コントロールが上手くいかず、毎度母に「速すぎて小犬が目を回さないように」と言われており。。。そんな言葉を思い出しながら、更にレッスンで教えていただいた新しい弾き方を取り入れながら練習してきました。会場の音響も気にはなっていたのですが、思ったより気にならず、落ちついて弾けました。
「鐘」は17年ぶりに弾きました。やっぱりラフマニノフは良い! 弾いていて気持ちがいいです。 彼の作品は本当に難しいのですが、また頑張って他の曲も練習してみようと思います。

どれも有名な曲なので、現実的にはあまり好んで弾かせていただく事はないのですが、今回こういう機会をいただき、私にとってのチャンスだと思いました。お陰さまでじっくり曲と向き合うことが出来て、なんとか納得のいく演奏が出来たのではないかな?と思っております。帰りに録音したものを聴いてみれば気になる箇所はありましたが、目標としていたことがほぼ出来ていたので、、、良しとします。

CIMG1238

後半はディズニー。すべて福地さんの選曲・編曲でしたが、とても素敵なプログラムでした。「水辺のろうそく」という曲を初めて知りましたが、優しく柔らかい曲で、弾けて幸せでした。
前半でエネルギーを使ってしまったのか、ソロが終わってホッとしたのか、安心・落ち着きを通り越してまったりしてしまい、イージーミスが。。。残念で申し訳なかったです。

CIMG1256

当日の緊張感をどう捉えるか、長年の課題ですが、今回ヒントを得る事ができました。

『練習で出来ているなら大丈夫』
『練習どおり弾けばよい』

この2つはあたりまえですが、逆に言うと、

『練習で出来ていないなら、本番も出来ない』

ということになりますよね。
気にならなくなるまで練習する。それが本番で落ちついて弾く一番の薬でした。

生徒さんから素敵なお花とプレゼント、お手紙をいただきました。とても嬉しかったです!
CIMG1280

聴きにいらしてくださいました皆様、お手伝いしてくださいました関係者の皆様、福地さん、武田さん、本当にありがとうございました。
CIMG1276

コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.