私がピアノ指導者となる生徒さんとの出会い

gassyou_onpu大学卒業後、友人から生徒さんを引き継ぐかたちで私のピアノ講師としてのキャリアがスタートしました。その生徒さんのレッスンをするようになって1年くらい経った頃だったと思います。いつものようにレッスンを進めていき、宿題の曲を弾いてもらった時の事です。突然、感動して泣きそうになったことがありました。その演奏が特別上手だったわけではありません。ただ、とても丁寧に弾いて
くれたのです。そんなシンプルなことに本当の美しさ・大切さがあ
ると気づかされました。

onp「レッスンをする」ということが私にとってこんなに嬉しい事だと知り、その後、私がピアノのレッスンをすることに魅了されていったのは言うまでもありません。こういった場面はその後もたくさんありました。その度に私が思うのは、     「こんなに嬉しい気持ちにさせていただけて幸せ」という感謝です。

レッスンを受ける生徒さん一人一人にピアノに対する想いがあり、私一人の人生では巡り会える数ではないのです。レッスンの事・生徒さんの事を一生懸命考えると、今まで思いもしなかったことや、考えもしなかったアイディアが浮かんでくる事もあります。こんなパワーを与えてくれる生徒さん達に私が出来る事は、私が知りうるピアノ・音楽の全てを伝えていく事しかありません。これからも一緒に悩み、一緒に喜びを分かち合いたいと思っております!

 

 私とピアノの出会い 

私とピアノの出会いは、5歳だったと記憶しています。
ピアノに興味があったわけではなく、近所の幼なじみがピアノを習い始めたと聞き、彼女達と同じことをしたかっただけでした。
娘の不純な動機を見抜いていた母は「辞めたくてもやめない」ということを条件にピアノのレッスンを受けさせてくれました。母の予想どおり、何度となく「辞めたい」という私に母は「辞めない、が始める条件だったから」の一言だけを貫き通しました。

決して母は意地で私を辞めさせないのではなく、「技術を一つ、持たせたい」「継続は力なり」という信念と、「あなたに音楽のセンスがあることを知った」という想いが母にはあったのです。
父も「始めた事は最後まで続ける事」「途中で辞める人は、人生の全てにおいてすぐ諦める人になる」ということをいつも話していました。
私自身も自分にとって音楽がとても大切なものであることはわかっていました。勉強も運動も好きじゃないけど、音楽だけは大好き!
どこにでもいる普通の私でも、ピアノを続けてこれたきっかけが4つあります。

☆その1『リコーダーアンサンブルにクラスの代表として選ばれたこと』

小学3年の時、音楽会で学年代表の演奏としてリコーダーアンサンブルをすることになり、各クラスから男女1名ずつ選出することになり、クラスオーディションをして選ばれました。私にとっての「音楽の大事さ」と「自分を支えてくれているもの」ということをはっきり意識させたきっかけでした。

 

☆その2『クラス担任から音楽科への進学を勧められたこと』

高校の進学先が決められない私に、長所・得意分野を理解して音楽科への進学を勧めて下さいました。この事を思い出すと感謝しかありません。

 

☆その3『芹田利昭先生に師事させて頂けたこと』

「ピアノを弾く」ということを通して、人として、どのような行動をするべきなのか、といったスケールの大きい課題を与えられました。これまでとは180度変わってしまうようなことが多々ありました。人生と同じ、まだまだ研究中。終わりなき課題です。

 

☆その4『音楽を通じた仲間との出会い』

仲間が私にピアノソロ以外の楽しみを与えてくれました。気の合う仲間とのアンサンブル、連弾、2台ピアノ、伴奏etc…は最高に幸せです。

 

☆そして、今

こうした歩みの中で今思う事は、
『音楽が大好きな両親に支えられ協力してきてもらえた』ということです。
私にとって何が必要なのか、見極めサポートしてくれてきた両親には、本当に心から感謝しています。

 


未来ピアノ教室・・・静岡県静岡市清水区大沢町23−26

お問い合わせ TEL:090-7696-9698

Copyright© 2012-2017 未来ピアノ教室 All Rights Reserved.